ファンファン ハワイ〜fanfun Hawaii〜

嬉し、楽し、美味しいハワイの記録です。

ここ数年ハワイに行く度にスーパーやファーマーズマーケットで見かけるようになったKau Coffee。
どんな味かな、と気になりつつもせっかくのハワイ島、コナコーヒー農園がいっぱいあって簡単に手に入るとなるとやはりコナコーヒー優先となっていました。
しかもKau Coffeeの農園は私たちの滞在先からかなり遠いので、毎年なかなか相方に「行こう」と言えない(&言い忘れる)でいました。
ハワイ島の見所はほぼ制覇したし、のんびりしたくて毎回ハワイ島に来るのに、ゴルフとビーチ以外にあれやこれや詰め込むのは本意ではないとしていましたが、
今回、コーヒー好きの友人が合流したのでいい機会かな、と相方に提案。
やっと行ってきました。そして行ってよかった。
AHIKANE7
AHIKANE1
敷地の広大さを表す写真がなく残念ですが、お馬さんが出迎えてくれます。
突然訪問したにもかかわらず、ベッカーさんが農園をバギーに乗って詳しく説明してくださいました。AHIKANE4
素敵なおばあさまでです。ご主人はコナまで外出中。
AHIKANE5
AHIKANE6
コーヒー豆の下の鳥、見えますか?
この鳥、飼っている訳ではなく、最初は追い払っていたらしいのですが、害虫を食べてくれるので今では自由にさせているそうです。
AHIKANE7
バギーをおりて餌をあげるベッカーさん、愛があふれます。
AHIKANE3
コーヒーを淹れてくださり、バナナブレッドもご馳走になりました。
このときいただいたのはピーベリー。
KauCoffeeはコナコーヒーのような酸味が少なくて飲み易いというのが一般的によく言われる評価ですが、まさにその通りでそれでいて味わいも深く、本当においしいコーヒーでした。
上品な口当たり、すっきりしている、カドカド感がない、後味がいい、すべてにバランスがいい、とどのように表現したら伝わるのか、ぜひ飲んでみてほしいコーヒーです。
AHIKANE6
このシールは「シールオブクオリティ」といってハワイ州が定めた様々な基準に合格した農産物だけに与えられる高品質の証で、その条件は
•原産地がハワイであること
•100%ハワイ育ちであること
•生産工程の51%以上をハワイで行っていること
•ハワイ州と貿易協会の定めた輸出基準に達した品質であること
だそうです。
AIKANEのコーヒーはKau地区で初めて認定された歴史あるコーヒー農園なのです。

実はかなり辺鄙な場所なのでここにたどり着くまでナビに道が表示されなくなったり、
途中何度か引き返そうかと思ったりしたのですが、
同行の友人がベッカーさんに直接電話をかけてコンタクトをとってくれて無事到着。
「AIKANE PLANTATION」の看板を見た時はホっとしたものです。
帰りに教えていただいた道は「な〜んだ、ここか?!」というような道で、
ただ遠回りをしていただけだとわかりました。ナビは当てになりません。
あとで知ったことですが、AIKANE農園ツアーもあるらしいので
個人で行くにはちょっとわかりにくく、コナから遠いのでツアーを利用するのもいいかもしれませんね。
オアフ島でもファーマーズマーケットに出店しているので購入はそちらでも出来ます。
ちなみに同行した友人は初めてKauCoffeeを飲んだらしいのですが大絶賛していました。

http://www.aikaneplantation.com/index.html

 

パンは食べ放題、コーヒーはお変わり自由のこの店。
いつもすごい行列らしいということで、少し時間をずらして朝食を食べに行きました。
並ぶ覚悟で 行ったらラッキーなことにすんなりと入店。
lani8
lani9
店内は広々としていて天井が高く明るい雰囲気。
スタッフさんがテキパキ、テキパキ…これ、ハワイでは貴重なこと。
lani5
lani4
大小テーブル席がありますが、こだわらずにセンターの相席テーブルやカウンターにならすぐすわれるかもしれないです。
メニュー は基本のパンとコーヒーだけでも注文できて$9:00。
ほかにコンチネンタルセット$12.00、ヘルシーセット$18.00など。
ランチタイムにはパスタやお肉料理など何を食べても美味しいと評判。
そこでスフレオムレツをオーダーしてみました。
lani2
lani1
オーダーするとすぐにパンのスプレッドとコーヒーが運ばれてきます。
バター、チョコ、クレームチーズ、ベリーシロップの4種類
そしてすぐに焼きたてパンを持ったスタッフさんがやってきます。
lani3
サイフォンで入れたコーヒーは最近私たちのお気に入りのkauコーヒー
らに9
コーヒー担当の方がひっきりなしに淹れてます。
lani7
 大きいですが、スフレなので重くはないです。
どのパンも美味しいですが、なんといっても特におすすめなのがクロワッサン
lani6
焼きたてサックサク、小さいので食べ易くて当然もうひとつリクエスト
何度でも持って来てくれます。

アラモアナショッピングセンターにあるので行き易く、
美味しいコーヒーと焼きたてパン、それだけでも大満足のCAFE LANIでした。 

 

ハワイのスーパーで売られている卵のほとんどは生でたべられないって知ってました?
そう言えば生で食べたことなかったです、なんとなく。
ハワイで売られている卵はほとんどが本土から運ばれてくるそうです。
産まれてから1週間くらいはたっているらしく、生で食べるという想定がないのでそういう管理もしていない可能性があるとのこと。しかも賞味期間が長いらしい。不思議です。

ハワイで卵を買って割ってみた時にまずその色の薄さに驚きます。味もあっさりしているような、でも外国だからこういうものかなと思っていました。

そこでこのTKGをウワサで知り、早速ワイマナエにある養鶏場に行ってみたわけです。
今回お邪魔したOK poultly Lcc(Kaneshiro Farmars)は日本の技術指導のもとの生卵生産と聞くと
安心感が若干増しますよね。
TKGとはT-たまご、K−かけ、Gーごはんのこと。
TKG2
TKG3
TKG5
なかなか趣のある売り場です。
TKG6
ハワイに住む友人によると生で食べられるという卵がドンキーで1ダース8ドルで売っているけど、
住人でもわざわざは買いにいかないらしい。
30個パレットで9.25ドル、1ダースは3.75ドルだったかな。
1週間くらいコンドミニアムに泊まるようだったら1ダースくらい買ってみるのもありかもしれませんね。
ちなみに我が家は30個パレットを友人と分けました。

2015年には全米ナンバー1ビーチになったワイナマロビーチ、週末だけ利用できるベロウビーチにお出かけがてら行ってみるのもおすすめです。


http://www.okpoultry.com/---.html 

このページのトップヘ